« ダンボールで燻製機を作ってみた。 | トップページ | 「牛骨ラーメン」の実食! »

2013年7月10日 (水)

製麺機の整備:ローラー横部分の麺のカス予防 編

*****************
サイトマップはこちら
*****************

今日は製麺機を持っている方向けに記事を書いてみます。


Img_0659

今までは、小野式レプリカとヤフオクで落札した二つで麺を打っていたが、レプリカが卒業するので、小野式を調整したいと思います。



麺を打ってると製麺機の調整が悪くて、のしローラーの横とかに麺のカスがたまってくると言う方はいませんか?っていうかこういう物が多いと思う。

Kasu

これ、非常にストレスがたまるんだよね~(#゚Д゚)y-~~イライラ。
麺のカスがボロボロ落ちてくるし、ローラーの横に固まってたまるから掃除が大変!! 
麺も無駄にしてるようでムカムカします。
yoshi はいつも爪楊枝で掃除してました( ゚皿゚)キーッ!!


でも、調整しなおせば簡単にこの問題をクリア出来ることに気がつきました!!


Photo_2
麺のカスがたまる製麺機をお持ちの方、写真の赤線の部分(製麺機のローラーの部分)に隙間が空いてませんか?

*写真では調整し終えて隙間はありません。場所を示すために赤線をひいてます。


ここに隙間があると、ローラーでのしている時に麺が巻きこまれて一番上の写真のようにカスがたまります。

ということで、この隙間をなくしましょう! って言っても「どうやって?」思いの方もいると思います。スゴク簡単なのでチャレンジしてみましょう!


Img_2791

製麺機の一番上の鋳物部分はねじ二つで固定されてます。まず、これを外しましょう。

Img_2793

外すと、上の写真の状態。ここで!木の板と緑の本体の部分に隙間があるのが分かるでしょうか?ここに細工をします。

カス等がたまらない製麺機をお持ちの方は多分、この隙間がないか、小さいと思います。


Img_2792

Img_2796

木の板と緑の本体の間に詰め物をしてローラーの赤線の隙間をなくしましょう。
yoshi は、家で使っていた100円ショップで買った薄いプラスチックのまな板を切ってつめました(笑)


Img_2794_2

こんな感じに隙間がなくなればもう大丈夫!!


この調整をして麺を打ちましたが、今までが嘘のように劇的に良くなりました!(゚ロ゚屮)屮
まず、ローラーの横に麺のカスが一切たまらなくなり、それによってボロボロとカスが落ちてこなくなりました。これで麺打ちのストレスがゼロに!!


お悩みの方は良かったら試してみてください(*^-^)


注:
木の板とローラーのサイズが合っている場合はこれで一発で直ります。しかし、木が傷んでたり欠けていたりする場合は、木の板を作りなおすのが一番早いです。

---------------------------------------------
yoshi (@yoshi_ramen)という名前でTwitter始めました。
ブログの更新情報を配信してます。
---------------------------------------------
ブログランキングに参加してます。
ワンクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 料理ブログ 麺類(レシピ)へ
にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ
---------------------------------------------

« ダンボールで燻製機を作ってみた。 | トップページ | 「牛骨ラーメン」の実食! »

・調理道具」カテゴリの記事

コメント

これはオイラの事かな?

にしても暑いわ~
暫く自作から撤退致します!

Men's Keyさん、こんばんわ。

写真はツイッターで上がってたのを使わせていただきました
自分の製麺機もローラーの横にたまるので調整しました。
これでストレスなく打てるぞ! って暑いから打つのがツライな^_^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644453/52358539

この記事へのトラックバック一覧です: 製麺機の整備:ローラー横部分の麺のカス予防 編:

« ダンボールで燻製機を作ってみた。 | トップページ | 「牛骨ラーメン」の実食! »