« 鯛煮干しスープの作り方&実食 | トップページ | またまた色々いただきました。 »

2013年5月 4日 (土)

長ねぎとメンマのピリ辛和え

*****************
サイトマップはこちら
*****************

スーパーでスゴク美味しいおつまみを売っていて感動したので自作したいと思います!今回の自作は、「長ねぎとメンマのピリ辛和え」のレシピです!

 

<材料>
作り方の分量は二人分です。

Img_2178

メンマ     120g
長ねぎ     1本
豚バラ     100g
豆板醤     お好み
白ゴマ     少々
ゴマ油     少々



<作り方>


Img_2182

Img_2183

1.長ねぎの側面に切れ目を入れて中の芯のようなものと分けます。


Img_2184

Img_2185

Img_2186

2.100円ショップで買った白髪ねぎカッターで切って、数分間水に入れます。芯のような部分は普通に切っていきます。


Img_2187

3.豚バラ肉細長く切ります。


Img_2188

4.ゴマ油で豚バラを炒め、軽く塩、胡椒をします。


Img_2189

5.ボールにメンマと長ねぎを入れて、炒めた豚バラを入れます。お好みで炒めた時に出た脂も入れます。


Img_2190

Img_2191

5.豆板醤と白ゴマをお好みで入れて、和えたら出来上がり!



<実食>
・作り方の分量は二人分です。

Img_2195

豚骨スープ乾物スープ=2:1(400g:200g)のスープを作ります。乾物スープの出汁感が強い方が奥深さに辛さがプラスされて美味しいと思います。


Img_2196_2
(クリックで拡大)

盛り付けて完成!


Img_2198

う~ん、辛さと出汁感が効いててウマい!

Img_2199

スープが赤くなってきた。



<まとめ>

ピリ辛と出汁感が合体して奥深い味になり、豚骨のマッタリ感が飲みごたえをUPさせてた。要するにスゲーウマかった(笑)。相方もこれにはハマったらしく、「美味しい、美味しい」って連呼してた( ̄ー ̄)ニヤリ 後、おつまみとしても良くてお酒が止まらなかった。気がついたら500mlの缶ビールを6本も飲んでた(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


次回は、「炙り鰯、炙り秋刀魚、あご(飛魚)スープの作り方」です。

---------------------------------------------
yoshi (@yoshi_ramen)という名前でTwitter始めました。
ブログの更新情報を配信してます。
---------------------------------------------
ブログランキングに参加してます。
ワンクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 料理ブログ 麺類(レシピ)へ
にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ
---------------------------------------------

« 鯛煮干しスープの作り方&実食 | トップページ | またまた色々いただきました。 »

・トッピング、サイドメニュー」カテゴリの記事

コメント

3リッター飲んだんですか
ヨシさんまさかのアル中
車で遠出したとき牛舎を発見したけどヨシさんみたく牛を盗もうとは思わなかった

チャーシューではなく豚バラってのがまたいいですね
これは酒が飲めそう!だけど飲みすぎですよ(^^;)
米もガツガツかき込めそうですねー

え~…

このラーメントッピン具材おつまみを作ると自動的にビール6本分のお金が掛かってしまうという怖いお話しですね!?

是非参考にします♪
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

ギンさん、こんばんわ。

実はお酒は得意なんですよ。
酔ってるからといって牛舎や豚舎を襲ったりしないですよ~。

マダラさん、こんばんわ。

仰る通りメシにもこいつは最強に合いますよ。
つまみにしたら止まらないし。
辛さがちょうど良かった!

梅雨さん、こんばんわ。

このラーメンを頼むと酒が飲みたくなって、トッピングだけ別注文したくなります(笑)
そして、すごく長く飲んでしまうというお店にとって客単価を上げる魔法のトッピングですヽ(´▽`)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644453/51453312

この記事へのトラックバック一覧です: 長ねぎとメンマのピリ辛和え:

« 鯛煮干しスープの作り方&実食 | トップページ | またまた色々いただきました。 »