« ケミスターをいただいた! | トップページ | 長いもを使ったつけ麺 »

2013年4月26日 (金)

蒙古王の粉末かんすいとケミスターで麺を打ってみた

*****************
サイトマップはこちら
*****************

粉末かんすいの自動計算ファイルも出来たし、いよいよ麺を打ってみます。流れとして、

1.自作のかん水を濃い目に作る。
2.自作かん水を水で薄めて希釈かん水を作る。
3.麺を打つ。
4.食べてみる。

て感じで行きたいと思います。


*自作かん水・・・粉末かんすいを水に溶かしたもの。市販の液体かん水のようなもの。
*希釈かん水・・・製麺時にボーメ度を調整して使用するもの。

<準備>

Keisan
(クリックで拡大)

まずは「粉末かんすいの自動計算ソフト」で自作かん水の設定をして、ボタンをON!すると自動計算してくれるウィンドウが出てくる。入力値を入れれば計算値が一発で出る!今回は、

・入力値
小麦粉     500g
加水率     35%
ボーメ度    5度

・計算値
希釈かん水  175cc
自作かん水  55.5cc
水       119.5cc


と一瞬で出てくる。自分で言うのもなんだが便利だな~ (*^ー゚)bグッジョブ! !



<自作かん水を作る>

Img_2109

1.粉末かんすいは常温の水には溶けにくいので水を少し温めます。


Img_2110

Img_2112

Img_2115

2.今回は、粉末かんすい100g、水900gの濃度10%の自作かん水を作りました。容器は前使ってた液体かん水の容器を流用してます。


Img_2116

3.後は、混ざるまで容器をグルグル回して溶かします。途中、粉末かんすいが小さな塊みたいになりますが、根気よく回してるとキレイに溶けます。


Img_2117

溶かした直後。これで完成!

Img_2162

次の日の状態。微妙に黄色がかってる。



<希釈かん水を作る>

Keisan

Img_2119

加水率35%、ボーメ度5の希釈かん水175ccは、ソフトの計算により自作かん水55.5cc、水119.5ccを混ぜて作ります。


<製麺>

製麺の過程は下のリンクを参照してください。今回は、自作かん水を使って変なにおいとか色とかがないかを見ていきます。

自家製麺の作り方
麺の形状 ・・・ ストレート 1.5mm×1.5mm
加水率 ・・・ 35%
麺の長さ ・・・ 約35cm
小麦粉 ・・・ ラー麦
塩 ・・・ 1%
+α ・・・ なし

Img_2120


蒙古王かんすいを購入したついでに天外天塩である「蒙古のつぶ塩」も購入しました。蒙古王かんすいは天外天塩と相性が良いそうです。


Img_2122

Img_2121

まずは水回し。さっき作った希釈かん水を入れてハンドミキサーでまぜまぜします。


Img_2123

水回し後。うん、特に変なにおいとか変な色にはなってないな。


Img_2127

麺帯にしていく途中。ここの段階もOK。


Img_2129

パスタマシーンで麺帯の厚さ調整。うん、順調!


Img_2130

1時間熟成後。この段階でも特に問題なし。


Img_2164

Img_2166

マダラさんより頂いたケミスターを使ってみた。触感は片栗粉みたいにサラサラ。あっという間に麺の表面を覆った!!(゚ロ゚屮)屮 おぉ~、これならジップロックに入れても水滴がつかないかも。




<実食>

分量は二人分です。

麺を直に味わいたいのでつけ麺して確認します。

Img_2132

1.鶏ガラ:乾物=150g:150gにしてスープを温めます。


Img_2134

Img_2133

2.削り節をお好みで入れて、


Img_2135

3.醤油タレをお好みで入れます。今回は75cc入れました。


Img_2136

4.麺を茹でて冷水で〆て、


Img_2137

Img_2138

Img_2139

5.盛り付けて完成!(クリックで拡大)

Img_2140

ウマイ!!いつもの麺より美味しく感じるのはかん水から作った思い入れだな(笑)



<まとめ>

粉末かんすいからソフトを使って作ってみたが特に問題はなかった。ヨカッタ(^-^; 粉末かんすいから作った思い入れのせいかいつもより麺が締まって美味しく感じた。ん?ただ水で〆たから?(笑)

茹でた感じはケミスターの威力は抜群!サラサラしてるから茹でると麺から直ぐ離れてる感じだし、茹で湯が綺麗だった。スゲー!!(゚ロ゚屮)屮

粉末かんすいを500g買ったので、自作かん水はザックリ5リットル作ることが出来る。小麦粉500gで製麺するとして1回に50~60cc使うので80~90回は麺を打てるな。コスト的にも液体かん水と変わらないし、味も良くなった気がするし良いことだらけだな(*^-^)



次回は、「長いもを使ったつけ麺」の実食です。
---------------------------------------------
yoshi (@yoshi_ramen)という名前でTwitter始めました。
ブログの更新情報を配信してます。
---------------------------------------------
ブログランキングに参加してます。
ワンクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 料理ブログ 麺類(レシピ)へ
にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ
---------------------------------------------

« ケミスターをいただいた! | トップページ | 長いもを使ったつけ麺 »

・食材」カテゴリの記事

コメント

かんすいファイル大活躍ですね!
僕も作り置きかんすい使い終わったら濃縮かんすい作って大活躍させます(^^)

ケミスターなかなか使い勝手良かったようで何よりです(^^)
多加水麺だと特に役に立つと思います(うどんが最たる物ですね)

新作も楽しみにしていますよ!

マダラさん、こんばんわ。

かんすいファイル大活躍ですよ!これなかったら粉末かんすいは使えなかったでしょうね。みなさんのおかげです。

ケミスターは大活躍です。あれスゴクいいですね。多加水率や清湯スープの時は手放せないですよ。(*^_^*) ありがとうございました。

数値化が素晴らし過ぎます(笑

鋳物でバラ掛け、圧延をパスタマシンとはうらやましい限りです。

私はパスタマシン一筋10年です(笑

マスタマシンも6代目になりました(笑

蒙古王かんすいは天外天塩と相性が良いそうですね。自作師匠のにゃみさんも言ってました。

粉かん水の方が、麺のかん水臭さが少ない気がします。でも面倒なので、液体かん水を使っていますが・・・。

小麦粉は「はるきらり」という北海道産の粉を使っています。太麺にするともちもちしていて面白い粉ですよ。興味があれば、言って下さい。1~2キロならお分けしますよ。

蒙古のつぶ塩買ったんですね!

何か血圧を下げる効果があるとか?
ホントかどうかは分かりませんが・・

たけあきさん、おはようございます。

逆にパスタマシン一筋10年で6代目ってプロ過ぎですよ!
マシンの扱いは日本で一番なんじゃないですか?(笑)

にゃみさんとはこれまたカリスマの名前が出てきました!!(゚ロ゚屮)屮 にゃみさんが言うなら間違いないですね。粉末かんすいは使い勝手は液体に比べて悪いですが、仰る通りかん水の匂いはあまりしませんでした。yoshiはこれからは粉末で行きます!

たけあきさんは「はるきらり」使ってますよね。私はラー麦と麺遊記ってのを使ってるんですが、使いきれなくて色んな方に配ってます。たけあきさんも興味があったら言ってください。喜んでお分けしますよ(*^_^*)


Mans Keyさん、おはようございます。

蒙古のつぶ塩買っちゃいました(*^-^) 
木曽路物産のHPに蒙古王との相性バッチリとあったので素直に購入!って感じでした(笑)

使ってみて蒙古王との相性は良い感じでしたよ。何か麺が締まる感じでした。
血圧を下げる効果があるなら嬉しいですね~。
何か普通の塩より健康そうだし。

にゃみさんは私の師匠のような方ですから(笑

相模原でラーメン店やっている、にんじんさんともアマチュア時代は良く交流しました。

麺遊記は私も6年ほど使い続けてますよ(笑

ラー麦は興味がありますね~!私のはるきらりと交換こしましょうか?

私のサイトのメッセージ機能から送付先をご連絡いただけますか?そうしたら私の送付先もお伝えさせていただきますので。

たけあきさん、こんばんわ。

たけあきさんのブログでにゃみさんとの絡み見ました。
にんじんさんともお友達とは・・・。交友関係がすごすぎます!

ラー麦に興味を持っていただけたなら是非送りますよ。
ブログから連絡しますね(*^-^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644453/51320448

この記事へのトラックバック一覧です: 蒙古王の粉末かんすいとケミスターで麺を打ってみた:

« ケミスターをいただいた! | トップページ | 長いもを使ったつけ麺 »