« 自作 「一蘭」への道 3回目 | トップページ | 旨味タップリの乾物醤油タレ »

2013年1月 3日 (木)

「香味油:きのこ」を使って 実食!

*****************
サイトマップはこちら
*****************

寒い時期になってきてスーパーの食材も夏とは変わってます。yoshi はキノコが好きなのですが、特に大好きなのが「舞茸」。鍋にしても良し、炒めても良し、煮ても良し。ということで今回の自作ラーメンは「舞茸」を使って香味油を作っての実食(レシピ)です。

 

<香味油の作り方>
・作り方の分量は二人分です。

Img_0618

Img_0619

1.舞茸:シメジ=2:1くらいの割合でみじん切りにします。量は適当。


Img_0621

2.今回はラーメンスープに豚骨系を使用するのでラードを使用。15~20分間、弱火でじっくり香りと味を移します。



<作り方>
・作り方の分量は二人分です。


Dsc03942

1.凍らせておいたスープを火にかけて解凍。
乾物スープ  300g
豚骨スープ  300g
・チャーシュー  4枚


Img_0622

2.香味油入りのどんぶりに醤油ダレを一人前25cc程どんぶりに入れます。


Img_0623

3.麺を茹でます。

自家製麺の作り方
麺の形状 ・・・ ストレート 1.0mm×1.0mm
加水率 ・・・ 35%
麺の長さ ・・・ 約30cm
小麦粉 ・・・ 強力粉:薄力粉=3:1
塩 ・・・ 1%
+α ・・・ なし


Img_0624_2  

4.キノコも入れて盛り付けて完成!


Img_0625

頂きますo(*^▽^*)o

 

<まとめ>

舞茸は香りも味も強いのでラーメンの中で主張し過ぎるかなって思ってたけど、全然そんなことなかった。いい感じにアクセントになってる!キノコでサッパリだけど脂感でコッテリ感もでた。後は「和風感」が強くなる感じかな。舞茸が好きな人はかなり気に入るラーメンに仕上がった(*^-^)



次回は、「旨味タップリの乾物醤油タレ」 です。

--------------------------------
ブログランキングに参加してます。
ワンクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 料理ブログ 麺類(レシピ)へ
にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ
--------------------------------

« 自作 「一蘭」への道 3回目 | トップページ | 旨味タップリの乾物醤油タレ »

・実食」カテゴリの記事

コメント

キノコだしならやりましたがきのこ油も美味しいんですねー
そういえば昔、どっちの料理ショーで見ましたが天然の舞茸は絶品らしいですよ。
数が少なく山奥なので素人には採るのはきつそうですが。
ってか、山奥はクマが怖い

舞茸は風味が強いので難しそうですねぇ

と言ってもキノコは未知のラーメンなので気になります。
試してみようかな・・・

自分は干し椎茸ぐらいしか使いませんが美味しそうですね…
キノコ類は自分にとって最重要課題なんです!


キノコが苦手で避けてしまってますので…
orz

ギンさん、おはようございます。

きのこ油は独特の香りと感じが美味しかったですよ。
きのこ出汁も興味ありますね。チャレンジしてみようかな♪

天然の舞茸なんてスゴク美味しいでしょうね!
でも、天然の舞茸なんて見たことないから高級店とかに行ってるんでしょうね。

Mans Keyさん、おはようございます。

舞茸はやっぱり風味が強いです。シメジの風味はほぼ皆無。触感だけでした。
きのこって意外とラーメンと合うんで面白いですよ。
一度、試してください(*^-^)

梅雨さん、おはようございます。

きのこ苦手ですか・・・。それは最重要課題ですね(゚ー゚;
この舞茸の香味油はガッツリと「きのこ感」でてるので辛いかも。
でも、意外と行けたりすることもあるのでミニラーメンにでも
少し合わせてチャレンジするのもアリかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644453/47561265

この記事へのトラックバック一覧です: 「香味油:きのこ」を使って 実食!:

« 自作 「一蘭」への道 3回目 | トップページ | 旨味タップリの乾物醤油タレ »