« 新しい「どんぶり」の購入 | トップページ | マー油の作り方 »

2012年12月15日 (土)

「麺遊記」のまとめ

*****************
サイトマップはこちら
*****************

「麺遊記」で打った麺を早速試食してみた。

Img_0782

これが食べる前の麺。
左から、普通麺(1.5mm×1.2mm)、細麺(1mm×1mm)、太麺(2mm×2mm)。


<まとめ>
麺の形状 ・・・ ストレート (1.5mm×1.2mm)、(1mm×1mm)、(2mm×2mm)
加水率 ・・・ 35%
麺の長さ ・・・ 約30cm
小麦粉 ・・・ 麺遊記
塩 ・・・ 1%
+α ・・・ なし


Img_0933

食べた感触としては、売り文句の「プリプリ感とコシの強さが特徴の中華面用粉です。」っていう「プリプリ」感というより「プリモチ」の方が近いと思う。でも、つけ麺みたいに水で締めたらプリプリになるかも。

「コシ」は申し分がないほどの良い感じだった。色んなラーメン屋で食べたことあるけど自分的には麺遊記のコシが一番合ってるかも。それぐらいGoodだったo(*^▽^*)o

茹で伸びも、売り文句に偽りなしで全然なかった。1.0mm×1.0mmの細麺も今までのとは比べ物にならないくらいに茹で伸びがなく、最後までラーメンを美味しく食べられた。


Img_0935

麺肌はなんていうか、スベスベしてる感じ。卵白を入れた時のツルツル感とはまた違った感触だった。でも、スープとはしっかり絡んでた。不思議だな~。後、小麦粉の香りは強くないね。

総評として、「麺遊記」は大成功ヽ(´▽`)/ やっぱりラーメンにとって麺って大事だね~。
いつものラーメンが全然違うものに感じたのには驚いた。



<追記 2013.3.6>

麺の形状 ・・・ ストレート 1mm×1mm
麺の長さ ・・・ 約30cm
小麦粉 ・・・ 麺遊記
塩 ・・・ 1%
+α ・・・ なし

・加水率 ・・・ 30%
元々コシが強いので加水率が低いとさらに強く感じる。麺肌がわずかにざらつく。

・加水率 ・・・ 32%、33%
30%より少ししか変わらないが麺肌が微妙にスベスベになった。

・加水率 ・・・ 35%
麺肌、コシが細麺ではこのくらいが一番いいかも。豚骨ラーメンでは自分好み。Good!

・加水率 ・・・ 36%
うん、これも良いな。細麺にはGood!

・加水率 ・・・ 37%、38%
このくらいからわずかにモチモチ感が出てくる。醤油ラーメンに合う。太さも1.5mm×1.5mmとかにしても良いかな。

・加水率 ・・・ 39%
このくらいからモチモチ感が強くなり始める。塩ラーメンに合う。

・加水率 ・・・ 40%
ここまで来ると豚骨ラーメンには合わないな。でも醤油、塩には良いと思う。




次回は、「マー油の作り方 失敗編と成功編」 です。


--------------------------------

ブログランキングに参加してます。
ワンクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 料理ブログ 麺類(レシピ)へ
にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ
---------------------

« 新しい「どんぶり」の購入 | トップページ | マー油の作り方 »

◆まとめ」カテゴリの記事

コメント

自分の麺遊記に対する評価はyoshiさんとほぼ同じなので、自分は小麦の香りが強い灰分の高い全粒粉かパン用の最強力粉をブレンドして薄力粉で蛋白量を調整してみようかと思ってます(・ω・)ъ

同じ粉なのに電灯の色なのかカメラの性能なのがカンスイの違いなのか?yoshiさん家の麺の方が色白でベッピンさんに見える(^_^;)

梅雨さん、こんばんわ。

麺遊記は同じ評価ですか!イヤ~、嬉しいですね。自分の感性ってちょっと自信なかったのでこれで自信満々になれます(笑)

小麦の香りが強い灰分の高い粉混ぜるのは良いですね。色はちょっと濃くなるか黒くなるかな?自分も全粒粉混ぜてみようかと思ってます。

今回の麺は水・塩・液体カン水なので良い感じに色がきれいになりました(*^-^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644453/47960084

この記事へのトラックバック一覧です: 「麺遊記」のまとめ:

« 新しい「どんぶり」の購入 | トップページ | マー油の作り方 »