« つけ麺:和風カレースープで実食!! | トップページ | 自作 「一蘭」への道 序章 »

2012年8月21日 (火)

薄口醤油ダレで実食!

今回の自作ラーメン薄口醤油ダレの実食(レシピ)です。

サイトマップはこちら



<作り方>
・作り方の分量は二人分です。
 
Img_0163

1.冷凍してある親鶏、豚骨、乾物のスープを温めます。

乾物スープ  約50g
鶏ガラスープ with 鶏脂  約500g
・チャーシュー  4枚


Img_0162

・薄口醤油 50cc
・酒     10cc
・乾燥シイタケ 1g
・昆布   1g
・鰹節   2g
・唐辛子 1/2本

Img_0165

2.上記の材料を一晩置いた醤油ダレを一人前25cc程どんぶりに入れます。


Img_0164

3.麺は、「たんぱく質12.3%、細麺、加水率30%、全卵」を茹でていきます。その後、具を盛り付けて行く。


Img_0166    

Img_0167

4.盛り付けて完成!上がいつもの醤油ダレ、下が薄口醤油ダレ


Img_0169_2

食べ終わりの比較。左が薄口醤油タレ。

 

<まとめ>

味が全く違う。薄口の方は簡易的に作ったから違うとかではなく、根本的に違う感じ。薄口醤油は、「醤油について」でも書いたように、塩分濃度が濃い口より1~2%強い。さらに唐辛子を入れてるから、ラーメンを食べた瞬間から違う。よく行く某チェーン店のラーメン屋の味に似てる。食べた一口目からガツンと塩気が来る感じ。タレの量を気をつけないとしょっぱくなるね。

見た目としてもスープの色が全く違っていた。スープにほぼ色がついていない。豚骨ラーメン等でスープの色を活かしたい時には使えるね。塩ラーメンでもちょいと入れてやるのもいいかも。

ここまでタレでラーメンの味が変わるとなると、これからはスープを基準においてタレの研究でもしようかな。

ブログランキングに参加してます。
ワンクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 料理ブログ 麺類(レシピ)へ
にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ

« つけ麺:和風カレースープで実食!! | トップページ | 自作 「一蘭」への道 序章 »

・実食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644453/46690691

この記事へのトラックバック一覧です: 薄口醤油ダレで実食!:

« つけ麺:和風カレースープで実食!! | トップページ | 自作 「一蘭」への道 序章 »